広尾整体院(東京渋谷区) HOME > ごあいさつ

ごあいさつ

「以前に別のところで鍼灸や整体を受けたことがあるが効かなかった」という
お客様でも当院で鍼灸や整体の施術を受けられた後は皆様
「鍼ってすごーい!」「鍼は身体が楽になる!」「次の日が全然違う!」などと
太鼓判を押してくださいます。

鍼灸や整体の施術と手に目を持つことの大切さは切っても切れません。経絡とは体に通る気の通り道です。ツボは経絡上にある気を補瀉するためのポイントです。人間の体は一人一人が違う経絡の地図を持っており、その地図を読み的確に体の状態を改善するためには手で体を診る技術は欠かせないものです。

そのためにはより多くの人間の体全体を素手で触り、手の感覚を鍛え上げ、ほんのわずかな違いでも手で見分けられるよう手の感覚を鋭敏にするとともに健康な状態の人体のアライメントを手で知っているという必要があります。ひとりひとりが異なる体である人間の体の地図はどの教科書にも書いてないからです。

体を診る鍼灸や整体の技術において、ツボの名前を知っていることと、ツボを診ることができるということの言葉の意味には天と地ほどの差があります。効果的な鍼灸や整体をおこなうことと、そういった手の感覚とは密接に関係しているものなのです。

これは施術する者の手がお客様の体に触れた時に気持ち良いか良くないかで分かります。その違いは施術者が手に目を持っているか持っていないかの違いなのです。しかしこういったことは、整体院や鍼灸院へ実際に行き施術を受けてみなければ分からないことなので、お金や時間を浪費するだけの残念な思いをされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

広尾整体院では初めていらっしゃるお客様にそのようなご心配をおかけしたくありません。安心して広尾整体院にお越しいただき、お気軽にご相談いただけますよう万全の姿勢でお待ちしています。ぜひ『気持ちのいい手』とはどういうものかを確かめにいらしてください。

PAGETOP